商標登録の候補が複数あり、どれを採用したよいか困ったとき

悩む様子

ロゴ、商品名、サービス名等の商標登録の候補が複数あって、
どれを採用したよいか困ることってよくあります。

そのようなときは、商標登録するメリットの観点で選ぶ基準があります。

ここで、商標登録するメリットは、大きく分けて、以下の2つがあります。

第1のメリットは、登録(商標登録)したロゴをずっと使うことができる。

具体的には、商標を登録しておけば、その後、他人が同じ又は似ているロゴを商標登録できなくなります。

これによって、他人から商標権侵害しているといったことを言われることはなくなり、
商標登録後はそのロゴ等をずっと使うことができます。
すなわち、商標登録ですれば、そのロゴ等を安心してずっと使うことができます。

これは、先に申請した者の商標登録を優先させるという早い物勝ちの制度になっているからです。

第2のメリットは、登録(商標登録)したロゴ等を他人に使わせないようにできる。

具体的には、登録したロゴと同じ又は似ているロゴを無断で使っている他人に対して、
商標権侵害していることを根拠にその使用を止めさせることができます。

これによって、似たようなロゴが世の中に出回らなくなり、ブランド化が容易になったりします。

このような商標登録の2つのメリットの観点から、
複数の候補から商標登録するロゴ等を選ぶと良いです。

例えば、第1のメリットの観点では、
今後、一番使っていきそうなロゴ等を選定されると良いです。
使う頻度が低そうなロゴでしたら、他人に商標権侵害していると言われた場合には、
そのロゴを使うのを止めれば良い訳ですから。

また、第2のメリットの観点では、
その複数の候補で共通する文字等があれば、その文字を商標登録すると良いです。
その理由は、複数の候補で共通する文字等を商標登録しておくことで、
他人が使っているロゴ等がその文字等を含んでいる限り、
商標権侵害になりますので、他人がその文字等を含むロゴを無断で使うようなことを防止できます。

結果的に、候補に挙がった全てのロゴ等を守ることになります。

このように、商標登録の候補が複数あって選ぶのに困るときには、
商標登録するメリットの観点で選ぶという方法もあります。