約3年をかけて本日特許を無事取得できました。

判決
特許取得まで3年というのは、ちょっと長すぎるのではないかと思われる方もいらっしゃると思います。
特許取得までは、通常は、審査開始から約1年になります。

今回は、特許庁と取得について争ったため、3年近くかかりました。

専門的な話になりますが、通常は審査段階を経て特許の取得になりますが、
今回はその審査の結果にお客様も私自身も納得ができなかったために特許庁に対して審判請求をしました。

裁判だは、まず地方裁判所で裁判がなされてその判決に納得できなく、
次に高等裁判所にで争うのですが、今回の審判請求もそのような流れです。

このような流れを経たため、3年近くかかってしまいました。

今回の特許庁と争った技術は、お客様の会社にとって非常に重要な技術で、お客様もその技術の特許を取得したいという強い意向もありましたし、
私自身も、審査で言われている内容に全く納得もできてませんでした。

ちなみに、審査段階では、1人の審査官によって審査されますが、審判請求後の審判段階では、3人の審判官の合議体によって審判という形で再審査されます。
審判段階では、3人の審判官によってより厳しく審査されます。

今回の審判では、審査段階で反論した内容に加えて、審判段階で出された特許を許可しない新たな多くの証拠に対しても反論しなければなりませんでした。
それもあり、反論は正直大変でした。

今回、無事特許になり、何よりも嬉しかったのは、お客様が欲しいと希望されていた内容とほぼ同じ内容で特許を取得できたことです。
専門的に言えば、出願当初の請求項1の記載をほぼそのままの形で特許を取得できたこと。

一般的には、審判段階を経ると、審判官から、特許の権利内容の減縮(権利内容を狭くすること)を求められるのですが、
今回は、そのようなことをすることもなく、特許を取得できて本当に良かったと思っています。

このお客様は、私が講師を務めた特許のセミナーに参加していただき、
その後、特許をご依頼いただいた経緯もあり、ほんとうにうれしいです。

また、お客様に審判請求をすれば特許を取得できる可能性もあるということで、
私から審判請求をすることを勧めたのもあって正直ほっとしています。

この仕事は、このように結構エキサイティングな面もあり、この仕事はやめられません(笑)。

今後も、このようにしっかりと特許取得のサポートをしていきたいと思います。