ごあいさつ

アイネクスト特許事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

ご覧いただいておりますみなさまは、
お知り合いからアイネクスト特許事務所を紹介された方、
検索でアイネクスト特許事務所のホームページに至った方、
になると思います。
ありがとうございます。

是非みなさまとのこのご縁を大切にしていきたいと思います。

みなさまが特許を得たい、商標登録したい、ということを前提に、お話を進めさせていただきます。

先ず、その特許を得る、特許権を取得する、商標登録をする、商標権を取得する、とか、
いろいろな言い方があるけど、どう違うのという方もいらっしゃると思います。
特許を得る、特許権を取得する、とは同じ意味ですので、以下では、特許を得ると表現します。
また、商標登録をする、商標権を取得するも、同じ意味ですので、以下では、商標登録をすると表現します。

特許、商標、意匠ってそもそも何?、というみなさまには、こちらで詳しく説明しております。

特許を得るまでの流れについて

先ず、特許を得ることについて説明すると、みなさまがした発明・アイデアの内容は、所定の書式に従って記載した書面を作成し、その書面で特許庁に申請する必要があります。
そして、特許庁でその書面に基づいて発明が審査されて、その発明が一定の要件を満たすと認められると、特許を得ることができます。

では、一定の要件を満たすと認められない場合はどうなるの?、ということになると思います。その場合は、特許庁から「拒絶理由通知書」というものが送られてきて、みなさまに反論する機会が与えられます。
その反論が認められると、特許を得ることができます。ちなみに、この反論機会は一度だけではなく、場合にもよりますが、何度か与えられます。

ちなみに、特許の場合、特許庁に申請すれば審査を自動的に開始してくれる訳ではなく、審査請求といった、こちらから審査をして下さいという意思を示さないと審査はしてくれません。

特許を得るまでの流れを図で示したものはこちらから

商標登録するまでの流れ

また、商標登録をすることについてもほぼ同様になります。
すなわち、みなさまの商標の内容は、所定の書式に従って記載した書面を作成し、その書面で特許庁に申請する必要があります。
そして、特許庁でその書面に基づいて商標が審査されて、その商標が一定の要件を満たすと認められると、商標登録されます。

では、一定の要件を満たすと認められない場合はどうなるの?、ということになると思います。その場合は、特許と同様に、特許庁から「拒絶理由通知書」というものが送られてきて、反論する機会が与えられます。
その反論が認められると、商標登録されます。そして、この反論機会は一度だけではなく、場合にもよりますが、何度か与えられます。

なお、商標の場合、特許の違い、特許庁に申請すれば審査を自動的に開始してくれます。

商標登録されるまでの流れを図で示したものはこちらから

特許を得た効果、商標登録した効果

そして、特許を得ると、他人に邪魔されることなく、発明を自由に使うことができます。
逆の言い方をすると、特許を得ると、みなさまの発明を他人が使うのを邪魔できます。
商標登録についても同様に、商標登録されると、他人に邪魔されることなく、商標を自由に使うことができます。
逆の言い方をすると、商標登録されると、みなさまの商標を他人が使うのを邪魔できます。

以上の流れで、特許を得る、又は商標登録をすることができます。

なお、デザインである意匠の場合には、商標の場合と同様な手順に従って意匠登録することができます。
意匠登録されるまでの流れを図で示したものはこちらから

費用等

特許を得るまで、又は商標登録するまで、費用は次のように発生します。

以下のタイミングで費用が発生します。
 ■ 発明や商標を特許庁に申請するとき(特許印紙代+事務所手数料)
 ■ 「拒絶理由通知」に反論するとき(事務所手数料)
 ■ 特許を得る時点、商標登録する時点(特許印紙代+事務所手数料)
 ■ さらに、特許の場合には、審査を請求する時点(特許印紙代+事務所手数料)

 ※ 特許印紙代は、特許事務所によらず一定ですが、事務所手数料は特許事務所ごとにまちまちです。

アイネクスト特許事務所の費用については、お気軽に電話、メールによってお問い合わせいただければと思います。