特許庁の早期審査制度を利用することで、特許庁で商標を登録するために審査される期間が約半分になります。

具体的には、商標を出願した日から1か月~2か月で、特許庁から審査結果のお知らせがきます。
この事実をご存じでしたか。

timeismoneydm

→特許庁の早期審査制度の説明はここをクリック

既に商標出願を経験している方に、早期審査制度の存在を聞くことがたまにあります。
結構な割合で、早期審査制度の存在を初めて知ったと言います。

弊社は、この早期審査制度を積極的に利用していただいております。
弊社では、費用として、出願費用の他に30000円をいただいておりますが、
積極的にご利用いただいております。

というのも、特許庁から審査結果がくるまで、経営者様は、その結果がやはり心配です。
さらには、審査結果が早く得られるかどうかで、ビジネスチャンスが大きく変わります。
つまり、潜在的なビジネス損失が大きいです。

出願の際のような調査は不要ですし、ちょっとした資料をいただければ早期審査請求のための書類を作成できます。

早期審査のために必要なもの・情報 ■ 商標を使っている人の氏名
■ 商標を使っている商品又はサービスの内容
■ 商標を使っている場所(例えば、店の住所)
■ 商標の使用を開始した時期
■ 商標を使っている証拠(例えば、商標が付されている商品の写真)
  ※証拠について不明な点はお気軽にお尋ね下さい。
早期審査のための費用   30000円(税別) ※出願費用とは別途いただいております。