特許=金にするためには

先ず、特許とは

「特許」という言葉にまずちょっと触れておきます。
特許法では、条文に出てくる様々な言葉を定義しています。
しかし、「特許」については、特許法上で定義がありません。
ちなみに、「特許発明」については、「特許を受けている発明をいう。」、と定義されています(特許法第2条第2項)。
例えば、Wikipediaでは、「特許とは、法令の定める手続により、国が発明者またはその承継人に対し、特許権を付与する行政行為。」としています。
つまり、「特許」とは、行政による登録行為のようなもの、と考えていただければ良いです。
このように定義もあいまいなため、「特許」という言葉は、あいまいな使われ方をします。
「特許発明」とか、「特許権」とかの方が法律用語的としては明確です。
でも、みなさまは、「特許を得る」等といった表現の方が固くなく、なじめると思いますので、ここでもこだわることなく「特許を得る」等と使います。

特許自体はお金を直接生むものではありません

よく勘違いされている方もいますので、
“特許を得るとお金をもらえる”、のような仕組はないです。
よって、当然、国からも。
むしろ、その逆、特許されると、維持するために国にお金を納め続ける必要があります。
このような特許でお金を生むには、特許自体、すなわち、発明や技術自体が魅力的である必要があります。
これが基本中の基本です。
魅力的でない特許ってあるの?
何が魅力的である必要があるの?

特許=金にするためには

人間は、知っている言葉以上の行動はできません。
例えば、「プロダクトアウト」、「マーケットイン」をご存じでしょうか?
「プロダクトアウト」は、商品・サービス指向、“作れば売れる”といった意味合いです。
一方、「マーケットイン」は、マーケット指向、消費者指向、“売れるものを作る”といった意味合いです。

いわば、「プロダクトアウト」は物にフォーカスした考え方、「マーケットイン」は人(マーケット)にフォーカスした考え方です。
つまり、「マーケットイン」はいかに多くの人の心を捕らえるかを問題にしています。

例えば、大手企業の場合には、このような「プロダクトアウト」と「マーケットイン」とのバランスが取られています。
発明者の多くは、ご自身の能力を試すものとして発明をしている場合が多いです。
その結果、発明は「プロダクトアウト」となります。
一方、知的財産部などの部署が、「マーケットイン」の思考によって発明の方向性をコントロールしていきます。
この結果、「プロダクトアウト」と「マーケットイン」とのバランスがとられて、
技術的に素晴らしく、マーケットにも価値のある発明が生み出されます。

一方、個人の発明では、ほとんどの場合、「プロダクトアウト」の発明になっています。
つまり、物として優れているけど、マーケットが存在するかが不明な発明です。
でも、マーケットを意識して発明のポイントを変えていくと、
多くの場合、いわゆる売れる商品に変身していきます。
この際に、そのお手伝いをできるのが弁理士だったりします。

みなさんお気づきだと思いますが、発明を単独ですると、「プロダクトアウト」、「マーケットイン」の何れかの発明になる可能性が高いということなんです。

再度、みなさん考えてみて下さい。
みなさまの発明は、「プロダクトアウト」の発明ですか?
それとも、「マーケットイン」の発明ですか?
金になる特許であるためには、発明が、少なくとも「マーケットイン」からくるもの、すなわち、お客様に価値を与えれるもの、でなければなりません。

これは、1つの例に過ぎません。
それも、かなり一般的な例です。
特許=金にする方法は、数限りなくあります。