意匠出願すると特許庁によって登録性が審査されて、審査の結果、登録性が認められると意匠権を取得できます。

→意匠出願から意匠登録までの流れの説明はここをクリック

弊社では、ご依頼の意匠の登録性を調査し意匠権を取得できる可能性を判断させていただいた上で、その意匠を特許庁に出願致します。
また、意匠権は、経営の利益に価値を生むものでなければ意味がありません。そのため、必要に応じて、弊社では、“経営の利益に価値を生む”という視点で、今後のビジネス展開を参考にする等してデザインをブラッシュアップさせていただきます。

弊社では、以下の手順に沿って出願を行います。

ステップ1 先ず弊社にお問い合わせ下さい。
■ ご相談内容が特許、実用新案、意匠、商標のどれに該当するか等、必要な情報をお伝え下さい。
■ ご相談の上、面談日時、面談場所を決定させて頂きます。
ステップ2 お客様との面談
■ 面談料は、無料です。
■ 面談は、横浜の弊社、又は御社にて行います。横浜及び都内での面談の場合には交通費は発生しませんが、横浜及び都内以外は、弊社規定により出張面談費及び交通費(実費)を請求させていただきます。
■ 意匠の資料等が御座いましたら面談時に提出をお願い致します。好ましくは、面談前に事前に資料を頂けると、面談時間を節約し円滑に面談を進めることができます。
■ 明らかに登録性がない場合でも面談によって登録性のある意匠できることも御座います。
ステップ3 意匠の登録性の検討
■ 弊社にて意匠の調査を行います。ご要望がありましたら、弊社提携の調査専門会社を利用して調査を実施します。
■ 調査結果を調査報告書として御社にご報告申し上げます。
■ 例えば、調査結果が登録性がないものと判断した場合、無駄な意匠出願を避けることで、出願コストを削減できますし、その調査結果から新た意匠を構築するための材料を得ることもできます。
ステップ4 意匠出願書類の作成
■ 面談結果、調査結果を踏まえて、意匠出願書類を作成致します。
■ 作成期間は1月を目安とさせて頂いておりますが、意匠の内容や弊社の状況に応じてその時期を前後させていただく場合が御座います。
■ 意匠出願書類の作成途中段階で作成に必要な資料が発生する場合が御座います。その場合には補充の資料をご提出していただいたり、場合によっては、再度の面談を実施させて頂きます。
ステップ5 お客様への意匠出願書類の納品
■ 作成した意匠出願書類を御社に納品致します。
ステップ6 お客様において作成した意匠出願書類の内容確認及び修正箇所等の弊社へのフィードバック
■ 納品致しました意匠出願書類の内容を確認して頂きます。修正箇所が御座いましたら修正の指示を頂きます。
■ 一般的には修正による費用は発生しませんが、御社の理由により大きな修正を行う場合には別途費用を頂く場合が御座います。
ステップ7 意匠出願
■ お客様から出願の指示を頂きましたら、意匠出願書類を特許庁に提出致します。


意匠の出願のために必要なもの・情報 ■ 意匠を説明するもの(書面・図面等)
■ 意匠を創作した者の住所、氏名
■ 出願者の住所、氏名 ※一般的には発明者と出願者とは同一です。
■ 今まで出願したことがある場合には識別番号