意匠法では、特許出願のような審査請求を要することなく、
意匠出願されると審査を開始します。
そして、審査を経て、場合によっては審判を経て、最終的に意匠登録されます。
意匠出願から登録まで