弊社の意匠サービスに興味をおもちいただきありがとうございます。

商品ができあがると、デザインも付随して必ず誕生しています。
そのデザインは意匠権によって保護できます。

特許権と同様に、意匠権は他人が真似をするのを邪魔できる権利です。

また、意匠権は、特許権や商標権とは全く独立した存在です。
そのため、特許性等の何らかの理由のために特許権によって保護できない商品でも、そのデザインを意匠権で保護できる場合があります。
よって、特許権で保護できない商品を、どうしても他人に製造や販売されたくない場合に、そのデザインを意匠権で保護することで、その製造や販売をできなくすることも可能です。

また、デザインは、商品の外観であるため、他人が真似をしていれば、その真似を特定しやすいです。
つまり、意匠権によって、商品の製造や販売を簡単に邪魔できます。
例えば、商品を外国で販売等する場合に、その商品について特許権に加えて意匠権も取得しておくことで、特許権で排除することが困難な行為でも意匠権で容易に排除することができる場合があります。

このように、意匠権の特徴を知っておくことで、役立つことが結構あります。