tokkyoetc

商品が誕生すると、その商品は、構造や機能、デザイン、名前をもっています。
サービスが誕生すると、そのサービスは、仕組、名前を持っています。

商品の構造や機能、サービスの仕組は、発明となり、
商品のデザインは、意匠となり、
商品・サービスの名前は、商標となります。
そして、発明、意匠、商標が知的財産となります。
さらに、発明を保護する権利が特許権や実用新案権となり、
意匠を保護する権利が意匠権となり、
商標を保護する権利が商標権となります。

titekizaisan

特許と商標

例えば、特許権と商標権との関係はというと、
特許権=マーケットの確保
商標権=マーケットの信頼の確保

といった関係です。


弊社は、これら知的財産を適切に保護するために以下のサービスを提供しています。

国内・国外出願業務

弊社は、特許、実用新案、商標、意匠の国内及び国外の出願業務を行っています。
様々な技術分野で経験豊富な代表弁理士を始め、スタッフが出願業務に対応しています。
国外への出願業務は、信頼ある現地代理人と連携し、出願業務を行っています。

調査業務

弊社は、特許、実用新案、商標、意匠の登録性調査、無効調査、及び侵害調査を行っています。
弊社は、調査会社と連携を図っており、必要に応じて詳細の調査を行っています。