飲み物の商品名が「牛のおしっこ」!?

この飲み物、飲みたいですか?
観光地とかで売っているなら、土産話の1つとして買うかもしれませんが。

実は、商標「カルピス」(商標登録379437号、昭和24年登録)は、外国に行くと商標「カルピコ」(商標登録2046160号、昭和63年登録)になっています。

同じ商品なんですが、日本と外国とで商標名が違っています。

商品・サービスを外国にこれから提供しようとしているみなさんはこの違いを特に理解しておくと良いです。

なぜなら、「カルピス」は、ネイティブの方には“cow piss”と聞こえてしまいます。
こんなのあり?!、と英語がわかる人ならずっと思われていることでしょう。

“cow”=牛
“piss”=おしっこ

つまり、「カルピス」=“牛のおしっこ”

このような経緯があり(詳しくは知りませんが、現地販売店から苦情があったらしいです)、外国で使う商標を「カルピコ(CALPICO)に変更しました。

せっかく時間とお金をかけてブランディング・マーケティングをしても、これではふりだしに戻ってしまいます。
もったいないです。

ネーミングは大切、という話でした。