本日、2件の商標の登録査定がありました。
特許庁からの拒絶理由に対して反論し、それが通っての登録査定です。
細かくは言えませんが、今回の2件の商標登録に際し審査官がいろいろと配慮していただきました。

依頼者からは、
商標って申請すれば登録される訳ではないんですね。
交渉ごとなんですね。
勉強にもなり、楽しませていただきました、
とのお礼の言葉を頂きました。

やはり、登録査定されると、ホッ、としますが、
それ以上に、お客様が安心してビジネスを進めていくことができるようになることが嬉しいです。

そうなんです、特許庁から拒絶理由がきたら、いよいよ、“交渉”なんです。
私のスタンスは、基本的には、審査官も、依頼者も“WinWin”という意識をもって“交渉”します。
やはり、真っ向勝負というとは、相手(審査官)もいい気分はしないですからね。
先ず相手の言い分を良く聞き(拒絶理由通知を良く読み)、その内容を肯定しつつ、反論です。
いわゆる、“肯定話法”っていうものでしょうか。
だから、登録されるとほんと気持ちいいです。