みなさん、池井戸潤さんはご存知だと思います。
いろいろな小説を出していますよね。やはり、みなさんの頭の中にあるのは、あの“倍返し”。

さらに、「下町ロケット」はご存知でしょうか。
特許戦争を描いている池井戸さんの小説です。
その主人公のモデルとなったのが鮫島弁護士・弁理士です。
鮫島先生は、知財戦略が大切であることを経営者の方々に伝えていることでも有名です。
つい先日、鮫島先生の研修を受けましたが、熱い熱い先生です。このような先生大好きです。憧れます。

私も、最近では、経営者や担当者のみなさんにその知財戦略を伝えております。
弁理士の中でも、知財戦略を意識している方はまだまだ多くはないと思っています。

知財戦略って、特許の明細書を戦略的に書くことでしょう!、とよく言われますが、
それはそれで含まれると思いますが、もっともっと広い考え方です。
知的財産の有効活用によって、会社の利益を最大化する、会社の価値を高める、といった経営戦略の1つです。
中小企業、ベンチャー、個人だから、うちは関係ないと思われるかもしれませんが、
まったくその逆で、中小企業、ベンチャー、個人だからこそ必要なんです。
数少ない特許、商標でいかに会社に利益を生むか、いかに会社の価値を高めるか、
が必要なんです。

鮫島先生の本に、
「戦わずしてビジネス上有利なポジションに着く」
「特許とは自分のビジネスの自由度を高め、そのスピードを早くするために出願し、取得し、活用するのだ」
というフレーズもあり、これだとも思っています。

特許はもちろんのこと、商標にもこの考えかたは活用できると思っています。
今後、この知財戦略をみなさまにお伝えできればと思っています。

知財戦略は凄いです!

知財戦略で利益も、企業価値も倍返し!