スモールビジネス米国No1コンサルタント Michael E.Gerber
 

世界初のビジネスコーチング会社を設立

Michael E.Gerber氏はセールスの仕事をしていくうち、企業向けのコンサルティングを依頼されるように。
そして、本格的に起業家や経営者に対するコンサルティングを提供するため、1977年にマイケル・トーマス・コーポレーションを設立。
同社はその後、コンサルティングではなく、コーチングによってスモールビジネスの経営を変革させる形態へと変化。世界初のビジネスコーチング会社に。
Michael E.Gerber氏は、クライアントに教えている「起業家の視点」を自ら実践し、創業後、わずか2年でコーチングの現場から離れ、起業家としてのビジネス構築、コーチの育成、世界展開の活動へと軸足を移す。
その後、同社はE-Myth、Michael E.Gerber Companiesへと社名を変更。
過去約40年間にわたって、7万社のスモールビジネスに対するコーチングを行い、後に「E-Myth革命」とも言われるほど、世界中のスモールビジネスに変革をもたらす。

ビジネス書史上、5番目のベストセラーに

1985年に、「E-Myth」を出版。
同書の中で、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創る。
同書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなる。
1995年に、「E-Myth Revisited」(邦題:はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術)として改訂され、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得。
また、現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーに。
また、Michael E.Gerber氏の思想を元にビジネスを成功させたビジネスオーナーと共著で、業界別の「E-Myth Vertical」シリーズが現在でも続々と出版され続けている。

新しい起業家の時代を提唱

2005年にE-Myth社を引退したマイケルE.ガーバー氏は、更なるチャレンジを始めました。
世界を変革する新しい起業家の時代を予見し、世界中でその思想を広めるための講演活動を積極的に行っています。
過去40年間伝え続けてきた「起業家の視点」に、「インパーソナルドリーム(他人のための夢)」、「経営者の社会的責任」、「地域経済への影響」などの概念を統合させ、より高い視点での起業家の役割を提唱し続けている。

起業家精神

Michael E.Gerber氏によれば、起業家精神とは、すべての人の内面にある性格のことを指しています。
ビジネスを始めている、始めようとしているあなただけではなく、あなたの友人、両親、子供にも起業家精神が眠っているのです。

マイケルE.ガーバー日本公式サイト http://michaelegerber.jp/